大人ファンタジー

2013年07月10日

ローズインタイドランド

簡易story[自己流]
主人公は小学生位の自分の世界炸裂な女の子。
学校に通う様子もなく、ジャンキー両親の世話をしながら?暮らしていた。
母親の死をキッカケに父親と旅立つ。
風変わりな友達と非日常的な生活を送る。

一般常識の中で暮らしているコチラ側からすると、主人公の非日常的な世界に不安を覚えた。
化け物が出る訳でも、魔法が使える訳でもなく、異世界の話でもなく、とても風変わりなファンタジーだと思うよ。

主人公はただの夢見がちな少女ではなく、不思議な世界にいつつも子供らしさもあれば、とても現実味のある人間臭さを強烈に放っていた。他、登場人物然り。

現実と非現実の合体具合がどこかで…と思っていたら、ブラザーズグリムの監督か。ほほぅ 

大人向けファンタジーだ。
BlogPaint


ネタバレ?注意



終わり方が、ハッピーエンドすか?な感じでシックリこなかった。
あっさり見知らずの少女を引き取るんですか?おばさん!!

見事に作られたキャラとその世界が、ボケてしまう様な。結局、[現実]なんですよ。的な。 
実際問題、問題は山積みでそんな簡単に済まされないんではないか…と余計なお節介。

その非現実と現実が[タイドランド]なんだろうけど。


余計なお節介ついでに余計な妄想。

将来、ローズは高確率でグレるだろうな…    
なぁ



 

ローズ・イン・タイドランド [DVD]

新品価格
¥3,040から
(2013/7/4 13:09時点)



コメント

    • 1. PSV
    •  
    • 2007年07月19日 20:40
    • こんばんは。
      凄く好きです、この作品。
      あのラストは色々解釈出来そうですね。
      ローズ役の女の子の存在感が素晴らしいですね。
  1. banner


nico_spyder at 15:00|PermalinkComments(0)