SAW

2013年07月18日

SAW

SAW ソウ DTSエディション [DVD]

簡易story[自己流]
頭がイッチャッテル奴の「生死をかけたゲーム」に選ばれたカメラマンと医者。
…主人公は誰。とは言い切れなく、皆主人公であり、脇役でもある印象。
とにかくDEADorALIVE!!

終始緊張しっぱなした。
意図されてるのか見終わった後に謎が沸々とわいてきて、友人と数日間に渡りSAW話で盛り上がった。

レビューを見たら、考察サイトがある程に議論されててチョット笑った。
観た後の議論も楽しめてしまう面白さ。
 ホラーよりショッキングムービーだと思うよ。

後は珍しくサントラが欲しい!!と思った程に自分的に秀逸。

BlogPaint
こわっ

ネタバレ?注意
 



 この映画はラストでビックリ系で見事にヤラレタ。
そりゃねぇよΣ(´∀`;
とフト思ってしまったけど、その大胆さに感服。

やっぱゼップじゃなぁ…実はアダムが!?とか密かに思ってたりしたけど、そりゃぁゲームオーバー!ガラガラガラだっつーの

ジョンって誰?みたいなね

てか考察サイトが凄い。余程好きなのか、暇なのか、隅々まで妄想が広がっている。感心…というかウッカリ洗脳。ついつい納得してしまう程に凄い考察っぷりなので読んでみても損はないない。

必ずもう1回観てしまう。つうかもぅ観た。また色んな見方があって面白い。

余命僅かなオッサンが命を冒涜する奴はユルサーン的な半ば逆ギレで惨たらしいゲームをするのは少々オカシナ感じだけど、猟奇殺人鬼を描きたかったのかな…

誰もレクターは越えられないぜ!?

でもトラ鋏はちょっとそそる。



コメント



nico_spyder at 15:00|PermalinkComments(0)